大阪で訪問マッサージ、鍼灸、リハビリをお探しの方はウェルネス訪問マッサージへ

脳梗塞片麻痺

脳梗塞片麻痺 – 下肢つっぱり・尖足を緩和させるマッサージ

脳梗塞の後遺症で片麻痺になり、内反尖足による下肢のつっぱり感の症状を訴える方も多いです。

今回は、内反尖足により突っ張っている筋肉下腿三頭筋を中心とした、筋肉の負担を軽減するための方法をお伝えします。

※ パンフレットをページ下部に掲載しています。

訪問鍼灸マッサージに期待できること

○ 拘縮予防

上肢の拘縮も併行して予防します。
拘縮の予防として関節運動やストレッチなども行いますので、全身の血行の改善ができます。

○ 痙縮予防

痙縮とは筋肉が緊張しすぎて手足が動かしづらい・手足が勝手に動いてしまう状態のことです。
他動運動・マッサージでゆるめます。

○ 筋力アップ

動きの悪い足や手の動作を補うために筋肉をトレーニングします。
筋肉のトレーニングが必要な理由も説明いたします。

○ リハビリの追加

回復期・維持期に入ると、ご在宅の間はリハビリが不足することがあります。他との連携を取りながらリハビリも行います。

○ 筋疲労の回復

片麻痺があるため、動きに対しての体への負担が大きいです。
リハビリ・筋トレなども行うため、体の疲労は溜まりやすくなります。
筋肉をほぐし、疲労回復の鍼灸・マッサージを施します。

下肢つっぱり・尖足を緩和させるマッサージ法

○ 太もも表

大腿四頭筋をほぐします。うつぶせでは、大腿二頭筋もほぐします。

○ 足首・足底

足首の曲げ伸ばし・自動・他動運動で神経促通をします。

○ 股関節

「曲げる・伸ばす・回す」などにより様々な方向に動かします。

○ 膝関節・前脛骨筋

足首の背屈を担う前脛骨筋の指圧マッサージを行います。

初期の頃に熱心にリハビリをされていた方の中には、改善も落ち着き、施術を受けていない方も多くおられます。

通常の方でも手入れをしないと筋肉は硬く・血行も悪くなり、関節可動域も落ちていきます。時期が遅くても再び手入れをすることは非常に大切です。

お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください
TEL 06-6695-7277
受付年中無休 8:00 – 20:00

メールでお問い合わせはこちら

配布資料「脳梗塞片麻痺 – 下肢つっぱり・尖足を緩和させるマッサージ」

高齢者の脳梗塞片麻痺1、大阪の訪問リハビリ

高齢者の脳梗塞片麻痺2、大阪の訪問リハビリ

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6695-7277 受付年中無休 8:00 – 20:00

PAGETOP
Copyright © ウェルネス訪問マッサージ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.